化粧品Q&A講座 クレンジング・洗顔料について

Q1.洗顔料とクレンジングどこが違うの?

A:

“洗顔料”は顔に付着したほこりや汗などの水性の汚れを落ともので、“クレンジング”は、皮脂や、メイクアップ料などの油性の汚れをおとすもので、役割が違います。

メイクをしているのにクレンジングをせずに、石鹸で2度洗いしている人がとても多いのですが、ずっとクレンジングを使用しないでいると、肌荒れの原因になります。また、強い油分を落とすときに肌をこすってしまったり、落としきれずに肌に油分を残こしてしまうこともあります。肌への摩擦はシミの原因ですし残った油分は肌の上で酸化して、過酸化脂質になって肌を老化させる原因にもなります。

Q2.クレンジングはどうやってメイクを落とすの?

A:

“クレンジング料”に“メイクアップ料”と同じ系統の油性の原料や乳化剤などが配合されていて、その油性原料が“メイクアップ料”となじんで浮き上がらせて落とすことができます。

Q3.なかなか落とせないアイメイクはどうやって落とせばいいのですか?

A:

水や汗に強い(落ちにくい)タイプのものは、専用のクレンジングが用意されているので、それを利用して落とすのが一番よい方法です。オイルクレンジングは強力なので、専用のクレンジングが用意できない場合は、オイルクレンジングを使用して少し丁寧になじませてから落とすようにします。

※オイルクレンジングはとても強いので、普段のメイクを落とすのに毎日使用することは控えましょう。乾燥肌・肌あれの原因になります。

Q4.クレンジングをしているのに吹出物ができてしまいました。どうしてですか?

A:

クレンジングの後の洗い残し(クレンジング成分)かダブル洗顔をしなかったためではないでしょうか。オイルクレンジングなどを使用するとクリームタイプのものと比べて、さっぱりと洗い流すことができるためその後の洗顔が不十分であったりする場合が増えています。
また、洗顔料もしっとりタイプで、肌にしっとり成分が残ると吹き出物の原因となりますので気をつけましょう。

Q5.朝晩2回づつ洗顔していたら“洗いすぎ”と言われました。

A:

もともと脂性の人であれば、ベタつきが嫌で何度も洗ってしまいがちですが、あまり何度も洗うと余計に皮脂分泌が盛んになることもありますので、クレンジングと洗顔料で洗うダブル洗顔を朝1回、夜1回すれば十分です。脂性でも部分的な乾燥があるときは、朝のダブル洗顔は肌に負担になりますので、控えてください。

特に脂性でもなく、乾燥もしない普通肌であれば、朝のダブル洗顔は週に1~2回と,夜は毎日ダブル洗顔だけで十分です。乾燥肌の人は、ダブル洗顔はできるだけ回数を減らすようにしなくてはなりません。(肌タイプ別スキンケア講座 乾燥+乾燥肌 ・敏感肌・肌あれを参照ください)

洗いすぎは皮膚にとって大切な水分を蒸発させるだけでなく、さまざまな刺激から肌をまもるバリア機能も壊しかねないので気をつけましょう。

Q6.テレビの宣伝のようによく泡立てた泡で頬をくるくると真似して洗っていたら顔がつっぱります。

A:

テレビの画像では力加減がわかりにくいですね。どんな洗顔料もそうですが、皮膚が薄い頬や目のまわり、口元などは、洗顔料をよく泡立てて泡を転がすようにして(指や手のひらが頬に触れるか触れないかくらい)洗わないと、皮脂がとれすぎたり、摩擦で肌が痛んでしまいます。

あなたがお使いの洗顔料が合わないのではなく、洗い方を気をつけるようにしてください。指先に力が入り、同じところを何度もくるくるとなでまわしていたり、洗顔時間が長いのは、肌トラブル(シミ、シワ、乾燥、肌あれ)の原因になりますので注意しましょう。

※洗い方は、肌のタイプ(肌質)によって異なります。あなたの肌に合う洗顔方法は、「スキンケア講座」を確認してください。

Q7.洗顔のときのお湯の温度って決まっているんですか?

A:

  • 脂性肌・・・ぬるま湯(30~32℃)
  • 普通肌・・・水に近いぬるま湯(26~28℃)
  • 乾燥肌・・・水?と思うほどの低温のぬるま湯(24~26℃
  • 混合肌・・・同上

以上の温度を目安にします。なお温度が計れない場合は、水の温度に近いぬるま湯で洗います。

※自分でぬるま湯だと思う温度では、少し温度が高いと思ってください。また、入浴をする際に洗顔を 行っている人は、体を洗うお湯のままで顔も洗顔しないように気をつけてください。(お湯の温度が 熱すぎて、大切な皮脂が取れすぎてしまい、さまざまなトラブルの原因になります。)

関連記事

  1. 化粧品Q&A講座 クリーム・乳液について

  2. 化粧品Q&A講座 化粧品と肌トラブルについて

  3. 化粧品Q&A講座 ファンデーション、アイブロー、ルージュにつ…

  4. 化粧品Q&A講座

  5. 化粧品Q&A講座 化粧品の成分・安全性・容器について

  6. 化粧品Q&A講座 美容液・パックについて

LINE@で気軽にスキンケア相談

シャレコのつぶやきスキンケア