シミの原因・予防法・スキンケアの注意点

シミ

シミは体の中の不調によってできるもの、外からの刺激“活性酸素”やトラブルによってできるもの、いろいろな種類のシミがあります。

その種類によって、化粧品で薄くなったり消えたりするシミと取れるシミ、残念ながら化粧品ではなくならないシミとがあります。よく「シミがポロッと取れる」という表現を見かけますが、化粧品では限界があり、美容外科施術でないと簡単には取れません。

あなたのシミがどのタイプかを見極めて、タイプに合うスキンケアをしていくことが大切ですよ。

肝斑(かんぱん)

原因
20~40歳代の女性に多い妊娠中・婦人科の病気・更年期障害がでているときにできやすい
シミのタイプ
頬骨や鼻の下、目のまわりに左右対称にできる不規則な斑点(ホルモンバランスをくずすとできやすい)
予防法、スキンケアの注意点
紫外線を避けてくださいね。
ホルモンの影響によってできるシミなので、ホルモンが正常な状態になればなくなるシミです。残念ながら、化粧品ではなくなりません。

炎症性色素沈着

原因
化粧品カブレ・ニキビ・カミソリまけ・火傷の後にできてしまいます
シミのタイプ
皮膚に炎症を起こした後にこげ茶色にできるシミ(ニキビ跡もこのシミにあたります)
予防法、スキンケアの注意点
時間の経過とともに自然に消えますが、特に紫外線予防に重点を置いたスキンケアをしましょう。
細胞増殖・細胞賦活作用のある成分を配合したクリームや美容液をお手入れにプラスすると、より効果的です。

老人性色素沈着

原因
日焼けによって肌の老化がすすみできるシミ境目がはっきりしているのが特徴早い人は10歳代からできる人も・・・
シミのタイプ
頬骨など日光に強く当たる部分から円形にできるシミ(ノーメイクの人や外に出る事が多い人にできやすい)
予防法、スキンケアの注意点
日光に当たらないようにするのが理想ですがなかなかそうはいきませんね。紫外線予防化粧品を使って一年中を通して紫外線対策をしましょう。
できてしまったばかりのシミであれば、美白化粧品でうすくなったり、なくなったりしますよ。

通称ソバカス(雀斑)

原因
遺伝的なもので、両親のどちらかにある人は10歳代からではじめます
シミのタイプ
うずら卵の模様のような斑点が鼻を中心に散らばったようにできる薄茶色のシミ(小さな頃から遺伝的にではじめます)
予防法、スキンケアの注意点
残念ながら化粧品ではとれません。ソバカスは紫外線に当たると生体反応でできてしまうので、小さな頃から紫外線を避けるようにして予防に努めましょう!
増やさないように努めてくださいね。

その他のシミ

摩擦黒皮症・・・
化繊繊維(メガネクロス・ナイロンタオルなど)でこする刺激をずっと加えてできるまだらな黒っぽいシミ

脂漏性角化症・・・
丸いシールをペタッとはったような感じでできはじめ、イボ状に盛り上がるシミ

シミをなくすシャレコのこだわり成分

細胞増殖・細胞賦活・細胞活性作用

アラントイン、ローヤルゼリーエキス、加水分解酵母エキスなど

抗酸化作用

トコフェロール、甘草フラボノイド、ローズマリーエキス、キウイエキスなど

セラミド・NMF(天然保湿因子)

セレブロシド、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、トレオニン、プロリンなど

関連記事

シャレコのつぶやきスキンケア

RSS 美心伝心 新着Blog

ページ上部へ戻る