敏感肌、乾燥肌、肌荒れの原因・予防法・スキンケアの注意点

乾燥

皮膚の表面がカサカサしてうるおいがなく、ひどい場合は粉をふいたようになってしまう乾燥(肌荒れ)

皮膚の表面の壁(バリア)がこわれてしまい、紫外線・ウイルス・細菌などの刺激が中に入ってしまう、肌にとってとてもつらいものなのです。

また、バリア機能が衰えていて大切な皮脂やセラミドも流れでやすくなっているので、何を与えてもしっとりせずダメなんですね。こうして敏感肌になってしまうんです。

乾燥は、環境によって起こることもありますが、ほとんどの人がスキンケア(お手入れ)の方法を間違えていたり、化粧品選びのミスによって肌を乾燥させています!

今のあなたの肌状態に合ったスキンケアをしなくては改善されませんよ !

乾燥、肌荒れの原因

原因1
歳を重ねると皮脂の分泌量や水分が減ってしまうため、乾燥しやすくなります
予防法、スキンケアの注意点
肌につけてしみる化粧水はムリにつけないようにしましょう。つけてしみないクリームを使うようにします。
クリームもしみてしまうときは、スクワランなど皮膚への刺激がほとんどなく、エモリエント効果に優れているものを使うと楽になりますよ。
紫外線予防のスキンケア(お手入れ)としては、日焼け止めクリームは使わず、パウダーファンデーションにします。(日焼け止めクリームを落とすのに時間がかかり、セラミドなどが流出しないようにするためですよ!)
原因2
オイルクレンジング・油性ジェル・ショートタイプ(ふき取り)クレンジングを使用している
予防法、スキンケアの注意点
オイルクレンジング・ショートタイプ(ふき取り)・油性ジェルは強いメイクを落とすために使うものですので、落ちがよいからと普段のメイクを落とすのに毎日使っていると、乾燥肌になって肌が荒れてしまいます。
クレンジング料は、クリームタイプ・乳液タイプ・水性ジェルタイプのものを使うようにしましょう。
洗顔の方法のまちがい
・お湯の温度が高い
・指でこすりすぎている
・洗顔時間が長すぎる
予防法、スキンケアの注意点
洗顔するときのお湯の温度は30~34℃(水に近いぬるま湯)にします。
Tゾーン(額・鼻・アゴ)は指でこすっても大丈夫ですが、乾燥しやすい目元口のまわり、頬は洗顔料をよく泡立てて、指が肌に直接触れるのではなく泡でころがすように洗ってくださいね。
肌あれがひどい場合は、洗う時間を15秒、すすぎは20秒くらいと短時間で洗ってください。
下記の「乾燥(肌あれ)から脱出する スキンケアテクニック」を必ずチェックしてくださいね。

シャレコのここがポイント

洗顔料の選び方

弱酸性洗顔料はしっとり成分がたくさん入っているので、乾燥で悩んでいるみなさんはどうしても選びがちですが、すすぎの時にヌルヌル感がなかなかとれない気がして、洗顔時間が長くなってしまいます。
その間に大切な自分の肌が持っている保湿成分がいっぱい流出してしまうので、「弱酸性だから・・・」にこだわらずに泡立ち・泡切れのよい洗顔料を選びましょう !
洗顔料に入っている保湿成分は洗い流してしまうのであまり意味がないですよ。

洗顔の方法

粉をふいている人は、そのザラつきの部分をツルツルにしたくて、洗顔の回数を増やしたり、指やツメでポロポロとやってしまいますね。これはとっても肌には負担になります。

洗顔は朝・晩1回ずつ、乾燥・肌あれがひどい人は、1週間は朝はかるくすすぐだけ、洗顔料を使った洗顔は夜だけにしましょうね。肌の回復が早くなります。

乾燥がひどく肌あれしている人は、「洗顔しないぞ !」くらいの勇気がないと、肌は回復しないので気をつけて・・・。

洗顔方法と洗顔料の選び方を変えることが、乾燥肌から脱出するための鍵ですよ!

今すぐ下の「乾燥(肌あれ)から脱出するスキンケアテクニック」をチェックしてください

関連記事

ページ上部へ戻る