乾燥肌・敏感肌の方のシワ解消法

乾燥肌の人はもともと皮脂量と水分量が少ないので、小ジワはできやすく、放っておくと深いシワになり目立つようになってしまいます。

また、しわは皮膚の老化、紫外線予防不足、肌の水分量の低下、物理的動作(マッサージなど)によってできますよ。

特にクレンジングやクリーム、美容液など基礎化粧品選びをまちがえてお手入れを続けていくと、シワがだんだんと目立つようになってしまいますので要注意です。早めに抗老化(アンチエイジング)のお手入れを始めてくださいね。

◆あなたの肌に合うスキンケア(お手入れ)方法

1.肌荒れ時はメイクを休む メイクオフはマイルドなクレンジングを!

 

・乾燥がひどく肌あれをしている時は、メイクはしないようにします。

・クレンジングは、メイクをした日はかかさずにしてください

・乾燥の激しい部分や肌あれ部分を除き、皮脂の分泌が活発なTゾーン(額、鼻、あご)部分にだけならクレンジングをしても大丈夫です。

(NG⇒毎日のメイク、毎日のクレンジング)

敏感肌でも安心。潤いクレンジング

2. 洗顔は泡を乗せる順がポイント!

・基本的に下記の順番で、泡を乗せていきます。
①皮脂が多いTゾーン(額・鼻・アゴ)
↓5秒ほどなじませ次の場所にも泡を乗せる
②Uゾーン(頬・口のまわり)
↓こちらも5秒ほどなじませ次へ
③皮膚が柔らかな目元や頬の上部

※③の乾燥を感じやすい部分には泡を最後に乗せてすぐに洗い流します。

・肌あれがひどいときは、水の温度に近いぬるま湯での素洗いを3~4日続けます。
(多少の肌のくすみは、肌あれが改善してからケアするようにしましょう。一度にお手入れは無理です。)

・肌あれが軽いときは、洗顔時間を短く切り上げる
(泡をのせる時間10秒くらい、すすぎの回数8回くらいにする)のがポイントです。

(NG⇒こすり洗い、化学繊維やブラシの使用、熱すぎるお湯でのすすぎ、長すぎる洗顔)

3.じっくり保水でも、無理にはつけないで!

・化粧水はじっくりと、少量ずつをくり返し何回か手でつけます。

・乾燥がひどいときや化粧水をつけるとしみる場合は、その部分にだけセラミド、NMF(天然保湿因子)成分入りの保湿剤(美容液)をなじませてから、化粧水をつけてもよいです。

・しみる時は無理せず漬けられる回数でストップしましょう。

※注意※パッティングしながらつける、コットンの使用に気をつけます。

4.基本はサッパリの保湿、乾燥するときは部分的に保湿をプラス!

・軽めの保湿剤を普段使いし、乾燥部分は少し保湿力の高いものを重ねましょう。

お勧めのクリーム
普段使いクリーム

乾燥部分の保湿・保護クリーム

・クリームや乳液はできるだけ抗酸化作用、抗老化作用のある成分が配合されたものを選び、適量を朝・晩つけます。

・美容液(保湿剤)は、セラミド・NMF(天然保湿因子)成分配合のものを、シワや顔全体にやさしくおさえるようにしてつけます。

※注意※シワの部分が気になるからと、伸ばしたり引っ張ったりすることは、余計にシワを深くするのでやめてください。また、マッサージ、横すべりするつけかた、頻繁なエステにはご注意を。

5.UVケアも控えめに…

・日焼け予防には、紫外線散乱剤を使用しているUV化粧品(日焼け予防剤)を毎日かかさずつけるようにします。

・このタイプのUV化粧品は乾燥肌の人がつけると、時間がたつにつれて乾燥を感じやすくなるので、しっかり保湿してからつけるようにします。

(NG⇒乾燥がひどい時のUV化粧品の使用、紫外線吸収剤使用のもの=落ちにくいので、摩擦によるシミの原因や乾燥につながります)

6.メイクはせず、できれば素肌が◎

・メイクをどうしてもしなくてはならないときだけにファンデーション類はつけるようにします。

・乾燥がひどいと粉うきしてしまいますので、2~4のお手入れを念入りにしてしっとりした状態でリッキッドファンデーションをつけてからパウダー(粉のおしろい)や軽めのパウダリーファンデーションをつけて、紫外線によるシミを増やさないように気をつけます。

 

※注意※油分が多めの落としにくいリキッドファンデーションの使用

あなたが使うスキンケアアイテム OK or NG

アイテム OK(正しい) NG(まちがい)
クレンジング クリームタイプ
ジェルタイプ(水性)
オイルクレンジング
ショートタイプ(ふき取り)
ジェルタイプ(油性)
洗顔料 泡立ち、泡切れのよい洗顔料 ヌルネルした感触が残る洗顔料
固形せっけん
化粧水 しっとりタイプ さっぱりタイプ
収れんタイプ
保湿剤

美容液

すぅーとなじむもの
抗酸化作用のある成分配合のクリームや乳液
セラミド・NMF(天然保湿因子)・アミノ酸配合の美容液
つっぱる感じがするもの
高保湿すぎるもの
紫外線予防剤 紫外線散乱剤使用のもの 紫外線吸収剤使用のもの
ファンデーション パウダー(粉のおしろい)
パウダリーファンデーション
リキッドタイプ
ウォータープルーフタイプ
  • あなたのシワを解消するためのスキンケアアイテムはこちらから

    こんなお悩みに成果が出ています。

    • 目尻の深くなってしまったシワ
    • 眉間の横ジワ
    • おでこの横ジワ
    • 口もとの笑いジワ
    • 小ジワ

    5.日焼け止め

    OK(ただしい)

    ・紫外線散乱剤使用のもの

    NG(まちがい)

    ・紫外線吸収剤使用のもの

    6.ファンデーション

    OK(ただしい)

    ・パウダー(粉のおしろい)
    ・パウダリーファンデーション
    ・水おしろい(ウォーターベースファンデーション)

    NG(まちがい)

    ・リキッドタイプ
    ・ウォータープルーフタイプ

    ★シワ対策 あなたのスキンケアおすすめ成分

    抗酸化作用

    トコフェロール、甘草フラボノイド、ローズマリーエキス、キウイエキスなど

    セラミド・NMF(天然保湿因子)

    セレブロシド、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、トレオニン、プロリンなど

    ◆シワ対策をされたお客様のお声です

    小ジワが目立たなくなりました。 K.Tさま

    知人に赤ちゃんみたいなプルプル肌の持ち主がいて、
    こまめに化粧水をつけて保水していると聞きました。

    私もシートを使ってパックしたり、化粧水を沢山使ってたら
    小ジワが目立たなくなりました。

    なにより、しっかり睡眠を取らないと目の下のクマがひどかったのに、
    気にならなくなった事です(*’o’*)
    色々なアイクリームも試しましたがイマイチだったのに…!

    昨夜は喉の乾燥予防にマスクをして寝たらゴムの跡がついてなくて
    驚きました。

    (ご使用歴1ヶ月)

    まだ1週間しか使っていないんです K.T.さま 40代

    まだ、1週間しか使っていないとは信じられません。

    『肌運命を変える』まさに、そのキャッチコピーのとおりです。
    なんといっても一番の変化は、乾燥しなくなったこと。

    おかげさまで、リップクリームはいらなくなりましたし、目の周りも柔らかくなり、しわが減ったように思います。
    鼻や頬も明るくなってきました…(つづきはこちら

関連記事

  1. 混合肌の方のシミ解消法

  2. 普通肌の方のくすみ解消法

  3. 脂性肌の方のシワ解消法

  4. 普通肌の方のニキビ解消法

  5. 混合肌の方のニキビ解消法

  6. 乾燥肌・敏感肌の方の毛穴解消法

LINE@で気軽にスキンケア相談

シャレコのつぶやきスキンケア