混合肌の方のニキビ解消法

Tゾーン(額・鼻・アゴ)はベタつくのに、目元、口のまわりはカサつきが目立つという人は、パーツごとのスキンケアが大切になります。

シミができにくい肌質ですが、洗顔料やファンデーションの選びかたをまちがえるとシミができてしまいますよ。

また、乾燥する部分に油分中心のお手入れをしがちなので、落しきれない顔に残った皮脂やメイクアップ料などの油分が肌の上で酸化して過酸化脂質になり、肌を老化させる原因にもなっていますので注意してくださいね。

部分的な乾燥を防ぎながら、シミを増やさないお手入れをしなくてはいけません。それには効果的な基礎化粧品選びがポイントになります。

◆あなたの肌に合うスキンケア(お手入れ)方法

1. クレンジングのみ、部分クレンジングですっきり!

・皮脂が気になる場合はクレンジングはメイクをするしないにかかわらず、毎晩かかさずにしてください。
※強いクレンジングですとお肌を傷めますので、下記のようなクレンジングが良いですよ。
ノーメイクの日も使える!潤い美白クレンジング

・乾燥している部分は、メイクをしたときのみクレンジングをします。

・朝起きて脂うきがしている日は、朝もTゾーンだけクレンジングします。

2. 洗顔は皮脂が多いところを中心に!

・洗顔をするときは洗顔料をよく泡立てて、皮脂が多いTゾーン(額・鼻・アゴ)から泡を乗せます。
5秒ほどなじませたら、次はUゾーン(頬・口のまわり)にも同じように泡を乗せなじませましょう。
最後に、皮膚が柔らかな目元や頬の上部ですが、ここは特に指でこすらないように注意して洗います。

・特にニキビ部分は刺激により炎症を起こしますので、こすらないように気をつけます。

・Uゾーンのすすぎ時間は短く切り上げるのがポイントです。

(NG⇒こすり洗い、2回以上の洗顔、化学繊維やブラシの使用、熱すぎるお湯でのすすぎ、長すぎる洗顔)

3.乾燥と脂浮きを同時に解消するポイントは、水分アップ!

・水分が不足すると肌は皮脂を出すことで潤いをとり戻そうとします。乾燥するからと言ってしっとり化粧品を使うのは皮脂が増すだけでなく乾燥にも逆効果になることがあります。

肌表面に被膜するだけの化粧水だと水分が行き届かないのでサラッとしたタイプがお勧めです。

肌水分アップ!ぐんぐん浸透する化粧水

化粧水をしっかり浸透させるコツは、少量ずつ与えること!
一度につける量は控えめに、重ねづけを繰り返しましょう。
目安として、手に肌が吸い付いてくるようになれば水分が入った合図です。

・ニキビ対策の化粧水としては、殺菌・抗菌作用、消炎作用、皮膚柔軟化作用のある成分配合のものを使うとより効果的です。

・乾燥がひどいときや化粧水をつけるとしみる場合は、セラミド、NMF(天然保湿因子)成分入りの保湿剤(美容液)を乾燥する部分や顔全体になじませてから、化粧水をつけてもよいです。

(NG⇒1回しかつけない、パッティング、コットンの使用)

4.保湿クリームは部分使いか、お顔全体用と部分乾燥用を使う!

しっとり化粧品は余計に皮脂のべたつきを感じやすくなってしまいますので普段のお顔全体用にはさらっとした保湿剤を選びましょう。

普段使いクリーム

乾燥部分の保湿・保護クリーム

・クリームや乳液はできるだけ抗酸化作用、抗老化作用のある成分が配合されたものを選び、適量を朝・晩Uゾーン(頬・口のまわり)、目元につけます。

・美容液(保湿剤)は、セラミド・NMF(天然保湿因子)成分配合のものを、シミや顔全体にやさしくおさえるようにしてつけます。

(NG⇒マッサージ、横すべりするつけかた)

・ニキビ(吹き出物)部分に赤み、痛みがある部分には美容液(保湿剤など)をつけないようにします。

・ニキビ跡が色素沈着を起こし、茶色のシミになってしまったら早めに血行促進作用、細胞増殖、細胞賦活作用のある成分やビタミンEなどの入ったクリームなどでケアをしましょう。

(NG⇒マッサージ、頻繁なエステ、ピーリング)

5.UVケア必須!

・日焼け予防には、紫外線散乱剤を使用しているUV化粧品(日焼け予防剤)を毎日かかさずつけるようにします。

窓からも紫外線が入り込むので、UVカットや遮光カーテン使用でなく、窓辺に長く居る方は要注意です。

・外出しない日もUVA波対策としてニキビ跡の部分にはつけるようにしましょう。

(NG⇒乾燥がひどい部分のUV化粧品の使用、紫外線吸収剤使用のもの=落ちにくいので、摩擦によるシミの原因や乾燥につながります)

6.油分の多いメイクは控える!

・メイクをどうしてもしなくてはならないときだけにファンデーション類はつけるようにします。

・乾燥がひどいと粉うきしてしまいますので、2~4のお手入れを念入りにしてしっとりした状態でリッキッドファンデーションをつけてからパウダー(粉のおしろい)や軽めのパウダリーファンデーションをつけて、紫外線による肌のダメージを受けないように気をつけます。

・赤み、痛みをともなうともなわないにかかわらず、アダルトニキビ(吹き出物)を隠すためのメイクアップ料(コンシーラーなど)は使わないようにしましょう。悪化の原因になり、色素沈着が増してしまいニキビ跡が消えなくなってしまいます。

(NG⇒油分が多めの落としにくいリキッドファンデーションの使用=落ちにくいので、摩擦によるニキビの悪化や乾燥につながります)

◆あなたが使うスキンケアアイテム OK or NG

1.クレンジング

OK(ただしい)

・クリームタイプ
・ミルクタイプ
・ジェルタイプ

NG(まちがい)

・オイルクレンジング
・ショートタイプ(ふき取り)

2.洗顔料
OK(ただしい)

・微~弱アルカリタイプ
・泡立ち、泡切れがよい洗顔料

NG(まちがい)

・弱酸性タイプ
・しっとりタイプ
・酵素洗顔料(ピーリング

3.化粧水

OK(ただしい)

・浸透性が良く、繰り返しつけられるもの

NG(まちがい)

・しっとりタイプ
・ふき取りタイプ
・エタノール使用のもの

4.保湿剤

OK(ただしい)

・べたつかず、すぅーとなじむもの
・セラミド、NMF(天然保湿因子)、アミノ酸配合の美容液

NG(まちがい)

・保湿剤が多く、被膜感が続くもの
・ベタつくもの

あなたのニキビを解消するためのスキンケアアイテムはこちらから

こんなお悩みに成果が出ています。

  • 10代のニキビ
  • メイクをする人のニキビ・吹出物
  • 頬を中心に赤いブツブツができるニキビ
  • おでこ、あご、鼻の頭にできやすいニキビ・吹出物
  • ニキビをつぶした跡が凹凸になってしまった人

5.日焼け止め

OK(ただしい)

・紫外線散乱剤使用のもの

NG(まちがい)

・紫外線吸収剤使用のもの

6.ファンデーション

OK(ただしい)

・パウダー(粉のおしろい)
・パウダリーファンデーション
・水おしろい(ウォーターベースファンデーション)

NG(まちがい)

・リキッドタイプ
・ウォータープルーフタイプ

 

ニキビ対策 あなたのスキンケアおすすめ成分

殺菌・抗菌作用、消炎作用、皮膚柔軟化作用

トウキエキス、シコンエキス、ローヤルゼリーエキス、グリチルリチン酸2Kなど

血行促進作用

トコフェロール、トウキエキス、イチョウエキス、オタネニンジンエキス、グリシンなど

細胞増殖、細胞賦活作用

アラントイン、加水分解酵母エキスなど

◆ニキビ対策をされたお客様のお声です

ほんとに感謝しており、いい化粧品に出会えて良かったと思ってます^^ C.Iさま 20代

いつもお世話になっております。

シャレコさんの基礎化粧品を使うようになり約半年経ちました。

ほんとに感謝しており、いい化粧品に出会えて良かったと思ってます^^

私は小学校の時からニキビに悩んでおり…(つづきはこちら

少し自分に自信がもてるようになりました。 M.Oさま 20代

シャレコさんを1年愛用してから

①ニキビが出来にくくなった
②肌の赤みがなくなってきた
③光に当たるとぶつぶつして見えた肌に透明感がでてツルツルになってきた

以上の変化が現れました。

肌がキレイになったとほめてもらえることが増え、少し自分に自信がもてるようになりました。

シャレコさんを信じてあきらめず頑張ってきて本当に良かったです。

これからもずっと愛用し続けます!!

関連記事

  1. 混合肌の方のくすみ解消法

  2. 乾燥肌・敏感肌の方のニキビ解消法

  3. 脂性肌の方の毛穴解消法

  4. 脂性肌の方のシワ解消法

  5. 普通肌の方のニキビ解消法

  6. 混合肌の方のシミ解消法

LINE@で気軽にスキンケア相談

シャレコのつぶやきスキンケア