化粧品Q&A講座 紫外線予防化粧品について

Q1.日焼けをするとよくないと聞きました。どうよくないのですか?

A:

日焼けによる肌への悪影響が以前にくらべて、明確になったためです。具体的には・・・

1.サンバーン⇒
日焼けによって肌が赤くなったり腫れたり、水泡ができる炎症のこと。
急に強い日差しを浴びたり長時間強い日差しにあたり続けると起こります。

2.サンタン⇒
日焼けによって肌が黒くなると、同時にシミ・ソバカスが促進されます。

3.角質肥厚⇒
肌の表面の角質が紫外線の侵入を防ぐために厚く硬くなり、肌がゴワゴワします。

4.乾燥⇒
紫外線は肌を乾燥させるため、乾燥による小ジワの原因になります。

5.老化促進⇒
肌の内部に侵入した紫外線は、真皮組織を変化させてしまい老化を促進します。
ハリ・ツヤ・弾力性の低下、シワなどになります。

6.皮膚がん⇒
環境破壊によるオゾンホールからもれるUV-Cは、皮膚がんの原因と言われています。

日焼けは百害あって一利なしということが、科学的に証明され始めています。
また、ある研究では、目から入った紫外線が影響をしてシミが増えることもわかり、
サングラスなどで紫外線が目からはいらないよう気をつけましょうという呼びかけもあります。

Q2.UV化粧品の選び方を教えてください。

A:

日焼け予防(日焼け止め)化粧品といわれるものには、おもに紫外線吸収剤を使用したものと紫外線散乱剤を使用したものの2種類があります。

紫外線吸収剤には、紫外線を吸収して皮膚に影響をおよぼさないようにとどめておくものですが、肌あれの原因になりやすいものです。また紫外線散乱剤は、紫外線をはね返すもので吸収剤に比べるとカブレにくいのですが、長く使うと肌が乾燥をすることがあります。

紫外線をどれだけ防ぐかの数値であるSPF値は15~20以下で、毎日使用をする人は吸収剤不使用(ノンケミカル)のものを使用したほうが肌への負担が軽くすみます。また、シワ・シミに大きく関わるUVA波の数値は日常使用するのであればPA++と表示されたものを選ぶようにします。

★紫外線についてもっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

関連記事

  1. 化粧品Q&A講座 化粧品と肌トラブルについて

  2. 化粧品Q&A講座 クレンジング・洗顔料について

  3. 化粧品Q&A講座 美容液・パックについて

  4. 化粧品Q&A講座 クリーム・乳液について

  5. 化粧品Q&A講座

  6. 化粧品Q&A講座 化粧品の成分・安全性・容器について

LINE@で気軽にスキンケア相談

シャレコのつぶやきスキンケア